3Wayトータル指導

「3Wayトータル指導」とは、1. 白熱集団ライブ授業と、2. 一流映像授業全科目「見放題」と、3. オンライン独習サポートの3つを、格安料金で提供して、生徒さんたちの「最短合格」を強力に推進する総合的メソッドを指します。

1. 白熱の集団ライブ授業

(1) 「高校別密着リード」授業

愛光、松山東、松山南、済美(特進エクセレント)。創立初年度は、高1・高2生向けに、この4校に特化した「高校別密着リード」クラスを開講します。授業内容は、そのほとんどが各校で習っている内容で、毎回の授業がそのまま最高の定期テスト対策になっており、同時に「最短合格」へつながる推薦・AO入試対策にもなっています。そればかりか、学校で習っている各単元が、センター試験や2次試験でどのように出題され、そこでどのように得点したらよいかの高みにまで、生徒さんの学力をできる限りリードします。

高校生が塾・予備校に求める最大のニーズは、間違いなく「学校の成績の向上」と「志望大学への合格」の2つです。「一粒で二度美味しい」と形容すれば伝わりやすいでしょうか。その2大ニーズの両方に同時に応えることが可能な唯一の指導メソッドが、上記のような「高校別密着リード」授業であると、私たちは確信しております。

Fotolia_73704506_XS_mini

(2)「白熱受験ライブ授業」は英数それぞれ6種類(松山最多)

例えば、センター試験対策と2次試験対策の2つだけ。生徒さん達たちが、さまざまな大学を志望しており、その数だけさまざまな入試傾向があるのに、本当にこの2種類の受験対策授業だけで充分と言えるでしょうか。松山予備校は、地元の生徒さんたちの志望大学の分布と、入試問題の難易度や傾向の共通性に基づいて、英数それぞれ松山最多の6種類のクラスをご用意しております。地元の松山大学受験から、東大・医学部受験まで。もちろん、略称を記している大学だけでなく、クラス受講生たちの志望大学に合わせて、授業内容を柔軟になるべく「最適化」して指導します。

Fotolia_73701580_XS_mini

2. 一流映像授業全科目「見放題」

(1)この時代に高額映像授業は本当に必要でしょうか?

いわゆる主流予備校の映像授業の時間単価は2,500円前後です。つまり、生徒さんが映像授業を1時間見ると、約2,500円もかかってしまうのです。家計の助けにと思ってパートに出ているお母さんの約3時間分のお給料を、1時間で使い果たしてしまう計算になります。

しかし、educationとtechnologyを掛け合わせて「Edtechの年」と呼ばれた2013年に、時代はもはや後戻りできないほど劇的に変わりました。教育格差の是正につながるこの喜ばしい技術革新を、松山予備校は積極的に指導カリキュラムに導入します。主力映像商品として、駿台予備校さんや東進ハイスクールさんやZ会さんに在籍もしくは在籍経験のある一流講師の映像授業を、利益を度外視して、追加料金なしで、「全科目見放題」で提供いたします。

(高額の映像授業に悩んでいる生徒さんやご両親がいらっしゃいましたら、ぜひともご相談ください。関連法規を熟知したスタッフが、できる限り力になります)。

Fotolia_84906521_XS_mini

(2)最大4予備校の映像授業を、ご自宅のPCやスマホでも見ることができます

松山予備校は、映像機器つきの個別ブース型の自習室を完備しているので、もちろんそこで映像授業を視聴できます。スタッフが授業中でなければ、数学や英語の質問もできますし、オンラインサービス活用型の全科目質問受け体制も整えていますので、どんどん自習室をご活用ください。

あまり目立たない特長かもしれませんが、松山予備校が提供する映像授業のほとんどは、自習室以外のご自宅のPCやスマホで視聴することもできます。学校のテスト勉強が忙しくて… 部活でひどく疲れていて… 大雨のなか自転車で校舎へ行くのがつらくて…。理由は何であれ、わざわざ校舎へ行く手間や時間が省けたら、どれほど生徒さんが楽になるかは、ご想像いただけると思います。

松山予備校は、生徒さんたちに常に校舎で映像授業を視聴するよう強制したり、その強制によって校舎で深く顔馴染みになったことを利用して、さらに高額映像授業を売ろうとしたり、高額映像授業の販売目的で長時間の面談をしたりしません。どんな場合であっても、生徒さんとご両親の利益を最優先に考えるからです。

松山予備校が提供するのは最大4予備校の映像授業です。(1)で言及した主力映像授業(A予備校とします)が料金内で「見放題」で視聴できる他に、生徒さんの志望大学や学力の特性に合わせて、さらにB予備校、C予備校、D予備校の映像授業を、追加料金にてご視聴いただけます。(A予備校の場合と同じく)、これらの3予備校の映像授業に関して、松山予備校はほとんど中間マージンをいただきませんので、いくつかの条件をクリアすれば、主流予備校の約1/5から約2/3の料金で視聴できます。

A予備校は全国シェアトップ、B予備校は難関大受験指導では最も有名なブランド、C予備校・D予備校も全国予備校ランキングのトップテンに入る一流予備校です。

young asian woman lifestyle image

3. オンライン独習サポート

(1)「市販参考書での独習」が実はコスパが最も高い

1,500円前後の市販教材1冊を、もし生徒さんが数十時間かけて完全に自分のものにすれば、学力は飛躍的に向上し、しかも費用は最小限で済みます。しかし、大学受験がほぼ初めての生徒さんの中に、すべての受験科目について、どの市販参考書をどの順番で使ってどのように勉強すればよいかを知っている人はいません。そこで、私たちのような本当の受験のプロの出番です。

「何を勉強すべきか?」と高校生に問われて、「センター試験は基礎が大事だから、まず学校の教科書をしっかり学習しなさい」と答える人を信じてはいけません。「やはり、基礎英・青チャで間違いないよ」と旧世紀の定番書を答えるだけの人を信じてはいけません。これらは、ここ十数年の入試傾向の変化と市販参考書の驚異的な進化や充実を、ほとんど勉強していない人たちの答えと考えて良いでしょう。

松山予備校では、それぞれの生徒さんの志望大学の傾向や学力の特性に合わせて、無数の市販参考書の中から最適な教材をプロットした独習計画を策定し、その進行状況を毎月チェックします。利益を度外視してでも、生徒さんやご両親にとって、最も費用対効果の高い「独習」をサポートして、「最短合格」へつながる「総合的環境」を提供したいのです。

Fotolia_73702898_XS_mini

(2)「ソーシャル型」オンラインサービスを利用した独習サポート

もちろん月1回の学習状況チェックだけでは、充分なサポートとは言えません。松山予備校では、独習サポートに「ソーシャル型」オンラインサービスを導入しています。「独習」の結果をその都度オンライン経由で記録すると、すぐに松山予備校スタッフからコメントをもらったり、顔を知っている友人たちと交流したり、はたまた顔は知らないけれど同じ志望大学を目指している全国の受験生と交流したりすることができます。「継続は力なり」。ともすれば孤独に負けて3日坊主になりがちな独習を、合格のその日まで継続できるよう導く仕組みが、松山予備校にはあります。