・採用情報

1. バイバイ、「教育ブラック」

どんなに仕事上の実績を上げても、モデル年収(40才)が中卒サラリーマンの6割程度の「ワーキングプア」の待遇でしかない大卒正社員。法定労働時間を年300時間以上も越えているのに、適正な労務契約手続き(サブロク協定締結)もないまま、わずか10分の食事休憩で働かされる正社員。授業準備時間は0円、店番などの拘束時間は600円台の愛媛県最低時給で働かされるアルバイト。いずれも、松山の教育界に存在する「教育ブラック」の実例です。

松山予備校は、生徒さんやご両親を笑顔へと導くべきスタッフ自身が、違法な労働環境で働かされたり、その実力よりも極端に低い不当な待遇で働かされたりすることを、経営理念上決して容認しません。「社員を幸福にできない会社は顧客を幸福にできない」という警句の意味するところ以上に、そのような「教育ブラック」産業は、すでに始まりつつあり、しかもいつ終わるともしれない「採用大氷河期」時代に、もはや生き残ることができず、顧客をはじめとする多数の利害関係者への社会的責任を果たせなくなることが、確実だからです。

教育を一生の仕事にしたいと考え、社会に貢献したいと考えている有為の働き手の方々は、ぜひとも各社の待遇の細目(年次昇給や退職金制度など)はもちろん、キャリアコース上のモデル年収や昇進可能性に直結する社員の年齢層分布まで、じっくり確認してから就職されることを心よりお勧めします。

2. 社員も笑顔になれる制度設計

2年目以降部分歩合制へ移行、ボーナス年4回、法定有給休暇ほぼ完全消化可能など。松山予備校には、頑張った分だけ、結果を出した分だけ、社員が笑顔になれる仕組みがあります。成長する当校で働いて、一緒に成長しませんか?

Group of success business people team in office, asian

3. 2015年度 社員募集要項

社員募集要項20151001-1_mini

1ページ目(クリックできます)

 

社員募集要綱20151001-2_mini

2ページ目(クリックできます)